So-net無料ブログ作成

005 『雨宿り』 [イメージ小説『雨宿り』]

南向きの教室の窓から、秋の日が差し込んでいた。

選択科目の授業が休講になり、その教室では自由勉強になった生徒が三人だけいた。

窓から二列目、後ろから二番目の席で、雨田が教科書を見るとはなしに開いていた。

教室には他に、自分の席に着いた影木とミオ、彼女たちだけだった。

日頃、息が詰まるようにも感じられていた教室に、三人だけ。
窓から二列目、縦に並んで、三人が座っている。

影木の前の席のミオは、体を横に向け顔を影木に向けて、髪が垂れて隠れた表情を確かめるように、
「ヒロ・・・」
と、何回も小さく語りかけていた。
返事はなかった。

影木のすぐ後ろの雨田は、前の席の彼女たちのことが気になる様子もなく、教科書に向かってただうつむいている。

少し開けられた窓から風が入ってくると、雨田が息継ぎをするように顔を上げ窓の方を向いた。
と、その時、影木が突然後ろに振り向き、雨田の机に伏せるようにして両手で顔を覆った。

二人の制服が、日の光に照らされてた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。