So-net無料ブログ作成

006 『雨宿り』 [イメージ小説『雨宿り』]

驚いて、自分の机に伏している影木に目を移した雨田は、しばらく彼女を見詰めていた。

どうしていいのか戸惑っている様子でもなく、じっと視線を送っていた。

ミオも驚いた様子で、影木と、そして雨田に視線を送ってる。

雨田は、ミオの何かを訴えるような視線に気にする様子もなく、じっと見詰めているのだった。

長くも感じられた無言の空気の中、影木が顔を上げた。
影木の目には、こぼれ落ちそうに涙があふれていた。
その涙を確かめるように見詰める雨田は、

「泣いていいんじゃない」
小さな声でつぶやいた。
雨田に視線を合わした影木は、小さくうなずいたように見えた。
そして、体を前に戻し顔を手で覆った。
小さく震えている影木の背中を見た雨田は、またうつむいて教科書に目を落とした。

めったに聞いたことがない雨田の声を聞いて少し驚いた様子のミオは、すぐに影木の顔を覗きこんだ。
彼女の背中をさすりながらミオは、
「ヒロ、大丈夫?」
と、覆った手からこぼれる彼女の涙滴を見詰めながら、声をかけていた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。