So-net無料ブログ作成

007 『雨宿り』 [イメージ小説『雨宿り』]

チャイムが鳴った。

ガヤガヤと教室の外から声が近付いてきた。

賑やかな声と共に、教室の戸が勢いよく開いた。

「おっ」
そんな声も上がった。
わずかな沈黙の後、
「なんだ?あの島」
雨田達が座っている三つの席の方を見て、誰かれとなくつぶやいた。
ミオが、影木をかばうように、その視線を遮るようににらみ返していた。

「離島だな」
また誰かがつぶやく。
「いや、孤島だ」
笑い声のようなつぶやきになった。

雨田はすっと立ち上がると、生徒達の中をすり抜けるように逆行して、教室を出て行った。
教室に戻ってきている生徒達の視線が、彼の背中に当たっていた。

「チッ」
と誰かが舌打ちをしたのを、雨田は振り向くことは無かった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。