So-net無料ブログ作成
検索選択

014 『雨宿り』 [イメージ小説『雨宿り』]

「影木だけどさ・・・」

影木が席に着こうとする姿をちらりと見ながら、
男子が小声で話し出した。

「あいつと前に付き合ってたやつが、友達にいてさ・・・」

周りの男子達が耳を傾けている。

「そいつはだいぶ前に別れたんだけど、ほとほと参ったらしいぜ、影木のことが」

さらに男子達が興味を示し出し、それを感じとってその男子は誇らしげに話を続けるのだった。

「喜怒哀楽が激しいっていうか、ほんと疲れたらしいぜ。別れられてホッとしたって」

と、大袈裟とも取れるような話し方に、男子達は面白がっている様子だ。

そんな会話が、雨田の後ろから聞えてきていたのだった。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。