So-net無料ブログ作成

015 『雨宿り』 [イメージ小説『雨宿り』]

「ところで、ヒロ・・・」

ミオが話しを切り出した。

「雨田君のこと、なんか気にしてない?」

「え?」という表情を見せた影木に、

「なんか、雨田くんに絡んでいくなって。今までそんなこと、
声をかけることすら無かったし、まあ、無関心?って感じで、
全く気にもかけてなかったのに・・・なんか・・」

とミオが続けた。

「うん・・・」

「え?」

ミオが、意外という表情を見せると、影木は、

「なんか、どういうんだろう、かわいそう?っていうような感情かな?雨田君を見てると」

と答えた。
ほっとしたように、ミオは、

「かわいそう?それじゃあ、恋愛感情じゃないわね。
うん、まさかとは思ったんだけど、そんなふうにも見えたから」

そう言って、笑った。

「うん・・・」

影木も笑顔で言った。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。