So-net無料ブログ作成

017 『雨宿り』 [イメージ小説『雨宿り』]

雲ひとつない真っ青な空が広がっていたのに、
下校時刻に近づくにつれて、
濃い灰色の雲が、空を侵してきていた。
そして、雨。
雨足は強くなって行った。

「どうしよう、傘持ってきてないよ・・」

そんな不安そうな言葉が、あちらこちらから漏れていた。

「きゃー・・」

ついには雷も、稲妻を落とした。

玄関で生徒達が右往左往しているなか、
雨田は鞄から、折りたたみ傘を取りだし、
ささっと広げた。
黒い空を確かめるように見上げながら、
傘を差して玄関から延びた庇の下から、
土砂降りとなった雨の中へ、雨田は出て行った。

雨田が二三歩歩きだした、その時、

「あー待って、雨田君」

女子の声が雨田を追ってきた。
振り向くと、
影木が雨に抗うかのように身をすくめ、走ってきた。

「ごめん、傘に入れて」

雨田に肩をぶつけるように、影木が傘の下に来た。

「え?」

驚いた顔を見せる雨田に、

「駅まで、いいでしょ?」

と、肩と肩が触れそうなくらいに影木は並んで、言葉を続けた。

「う、うん・・・」

それから駅まで、傘にぶつかる激しい雨音以外は、なにも聞えてはこなかった。
雨田は、傘をいくぶん影木の方へずらした。
影木の肩に当たる雨粒から、かばうように。

「雨田くん、ありがとう」

駅に着き、影木は雨田にそう言うなり、傘の下から飛び出し、
改札へと走って行ったのだった。

雨田は、影木を目で追うこともなく、傘の雨粒を払っていた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。