So-net無料ブログ作成
検索選択

34 『 メッセンジャー 』 [小説 『メッセンジャー』]

  アタシが驚いたようにそう言うと、所長は笑いながら頷いた。

  「どうして、デートの最中に、わざわざメッセージを届けないといけないのかなー」と、ぶつくさ言いながら、仕事だからしょうがないと、そのデートの場所へ自転車で向かった。指定された場所は、オフィス街にあるカフェだった。時間の指定もあり、午後七時ということだったが少し早く着いてしまいそうなので、自転車で近くを走って時間をつぶしていた。
  「あーあ、人のデートの所へなんて、年頃の女の子を行かせないでよね、全く・・・」と、まだ独り言を言っていた。「どうして依頼人の男性は、わざわざ告白を、メッセンジャーに頼んだのだろう。相手を驚かすために、相手の職場などに届けに行くことはたまにあることだけど、二人でデートをしている最中というのは初めて。やっぱり、サプライズを狙ってのことなのかな?まあ、どうでもいいや」。
  
  そろそろ時間になった。依頼人の男性の服装や特徴を予め訊いていたので、カフェに入ると探した。それらしい男性を見つけたので、声をかけた。

タグ:小説
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

“ 鬼束ちひろ 歌声の帰還 ” [雑感]

雑誌 「パピルス 8月号 VOL.19」 が届きました。

そこに、先日行われた、鬼束ちひろのライヴの模様が、

掲載されています。





続きを読む


タグ:鬼束ちひろ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

33 『 メッセンジャー 』  [小説 『メッセンジャー』]

木曜日。

  今日の仕事は夕方からだった。それは、アタシにとって都合が良かった。昨日は嫌な事があったから、普段アタシはお酒を飲まないのだけれど、どうしても酔いたい気分になってしまって、友達を無理に誘って少し夜遅くまで飲んでいた。今日目覚めたのは、お昼近くだった。「よしっ」と、気持ちを切り替えて、シャワーを浴びてすっきりしたところで、出勤した。
  いつも通り、元気良く、事務所に駆け込んだ。

「今日の依頼は、なんですか?」

「ああ、今日は、愛のキューピッド役だよ」

  と、所長は笑いながら言った。「なんだ、また、愛の告白の代行か」と、アタシも笑っていると、

「それで、今回の依頼では、デートをしている場所に来て欲しいそうなんだ」

「えっ、デートをしている最中に、アタシが『愛のメッセージ』を届けるんですか?」

タグ:小説
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。