So-net無料ブログ作成
検索選択

080 『 天国からの友だち (a friend from heaven) 』 [小説『a friend from heaven』]

「うん。僕もかおりが、僕のことを理解してくれているって感じていたんだ。かおりを信じることができて、もっといろいろなことを話すことができた。これも今まで考えたこともなかったけど、話を聞いてほしいと思うようになったんだ。そしてかおりは、僕のことを分かってくれた。そう感じていたんだ。かおりのこころと、僕のこころは通じ合うことができたんだって確信が持てた。こんなことを思ったのは、初めてだった。それまで、こんなことがあるなんて知らなかったし、考えたこともなかった。かおりが、そうさせてくれた。そうなんだろう、かおり」
「私も、りょう君とこころが通じ合えたって思った。でも、私がそうさせたんじゃないのよ。りょう君のこころと、私のこころがお互いに交わって、共感して自然に通じ合えるようになっていったと思うの。私だけの力でそんなことできないもの」

タグ:小説
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

079 『 天国からの友だち (a friend from heaven) 』 [小説『a friend from heaven』]

「そうなんだ。あの時は、いろんなことを話したよね。かおりは自分の気持ちを素直に話してくれた。誰にも話したことの無いことを、こころを開いて話してくれた。だから僕も、こころを開くことができた。かおりが、僕のこころを開いてくれたんだ。僕は、嫌なことはすべてこころの奥深くに閉じ込めて置いていたんだ。誰にも話したことなかったし、話したいとも思わなかった。ずっとその重たい荷物を背負ったまま生きて行くしかない。そういうものなんだって思っていた。人を信じることが出来なくなっていたし、無口で暗かったから、自分のことを人に話すことなんて、考えてもいなかった。でもかおりには、自分のことを素直に話すことができた。なんだかこころが軽くなって、明るく照らされたように感じてた。かおりが、そうさせてくれたんだ。そして僕は、かおりを信じることができた。人を信じることを、教えてくれたんだ」
「私も、りょう君にはなんでも話せるように思ったの。りょう君が、私の話を真剣に聞いてくれたから。それに私を、私の苦しみを理解してくれて、涙まで流してくれた。そんなことそれまで一度もなかったから、すごくうれしかったの。私の気持ちを、分かってくれる人がいたんだって」

タグ:小説
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ルネッサ~ンス! [雑感]

ボジョレー・ヌーボー解禁やないか~い!

ということで、

  001-1.jpg

ワインは適当です。銘柄を見ても試飲をしても

分かりませんので・・

アルコールが入っていればいい??

そして、

ワインにはやはり、チーズざましょ!?

ブルーチーズ?です。匂いのキツイやつです。

好きですね!

酒が飲めるぞー!

いや、もう呑んだぞ~!!


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。