So-net無料ブログ作成
検索選択

150 『天国からの友だち』 前回までのあらすじ [小説『a friend from heaven』]

かなり間が空いてしまったので、
これまでのあらすじです。
よろしければ、続きもお読みください。

-------------------------------

 無口で陰うつで、人を避けるようにしていた人間不信の少年が、中学の修学旅行先で、かおりという少女と不思議な出会いをする。そこは神秘的な地、宮崎県高千穂。出会ったばかりだというのに、その少女は積極的に話し掛けてきた。はじめ戸惑っていた少年は、次第にかおりに心を開いてゆく。そして会話を続けていくうちに、二人は互いに心が通じ合えていると感じていた。少年は、かおり、人を信じられる感覚を覚え、お互いに親友と呼べるような存在にまでなっていると思えた。さらに、かおりに対し甘い感情をも抱いていく。それは彼にとって初恋だった。しかし、かおりには秘密があった。

 旅行から帰ってから、少年とかおりは文通をはじめる。それを通して彼は、常にかおりの存在を身近に感じていた。そしてかおりの存在で、段々と彼は人として成長していくことができ、人としての感情を表せるようになっていく。かおりに支えられていると感じていた彼は、高校に進学できた。高校二年の時、修学旅行先が再び高千穂に決まった。そして二人は再会することができた。しかし、当然実在していると思っていた彼女はこの世の人ではないという事実を、かおりから告げられる。彼は、かおりが幽霊だと知っても、彼女に対する思いは失せるどころか愛するようになる。彼女も愛していると言った。二人は、心で愛し合っていたのだった。

 しかし、かおりは告げた。二度と会うことは許されない、天国から降りてくることはもう出来ないと。少年は混乱し、彼女との永遠の別れを、死を受け入れることは、すぐには出来なかった。しかしそれでは、かおりは悲しみを抱いたまま天国に帰らなければならなくなる。そんなことはできないとの思いで、彼は納得したと彼女に告げ、それを聞いて安心した彼女を天国へ見送った。それでも彼は受け入れられないまま、それを思い出さないように受験勉強に没頭し、大学に進学する。そこで彼は驚くべき出会いをする。かおりにそっくりの女性、加藤さんと出会ってしまう。そして、かおりを思い出して悲しみに襲われると分かっていながら、加藤さんに惹かれていってしまう。彼はかおりの死を乗り越えるどころか、受け入れることすらまだ出来ずにいた。


  つづく

nice!(0)  コメント(0) 

ナビ [雑感]

突然カーナビモニター部分が故障してしまったんです・・・
「修理に出したら、うん何円てかかるだろし、9年前のものだから
直せないかもしれないし・・新しいのを買うにしても、車もそろそろ
買い替える時期。でも当分それはないし・・じゃあ、新しい安いのを
買おうか、どうしようか・・・」
と少し考えていたんですが、ネットでモニター部品の中古品を売って
いるのを見つけて、「こんな古いものよくあったな?というか、売って
るな?」と思いつつも、買い換えるよりずっと安く手に入るし、
今のナビは結構いいやつで、今でも十分上位機種にも入るような性能
のものなので、買い換えるよりモニターだけ中古品と交換しようと
決めました。そして、届いて交換すると、見事に蘇りました!

知らないところへ行く時には、ナビをちょこちょこ見ながら走るん
ですが、普段走りなれたところを通る時は見ていなかったと思います。
けれど、いざナビがないと、知っている近所を走っていても
なんか不安になってしまうんですよね・・
もし知らない道に入ってしまったら?とか。まあ、地図を見れば
いいだけのことなんですけれど、ナビに慣れてしまった者は、
不安になってしまいました。

無くなってみて分る有り難さを実感したところです。

nice!(0)  コメント(0) 

むふふ [雑感]

 010-1.jpg

ポスター?を勝手に作ってしまった。

A3ノビで拡大印刷。

フォトフレームに入れてます!

nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。