So-net無料ブログ作成

235 『 天国からの友だち (a friend from heaven) 』 [小説『a friend from heaven』]

  次の日、ブログにコメントが入っていた。

「りょう君、私は今、天国にいるの。りょう君のことはずっと天国から見ているの。かなり辛そうなのね。私に会えることができたら、元気になってくれるかしら」

  かおりは、天国からいつも僕のことを見ていてくれたんだ。会いたい。かおりに会いたい。ブログに書き込んだ。
タグ:小説
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

234 『 天国からの友だち (a friend from heaven) 』 [小説『a friend from heaven』]

  かおりの写真に話しかける。

「かおり。このコメントは、かおりなのかな。僕には信じられないんだけれど。かおりは、今、天国からここに来てくれているのかな。でも僕は、あの時のようにかおりの存在を感じることができないんだ。どうしてなんだろう。僕が、感じることができなくなってしまったんだろうか。かおり、答えてよ」

  しかし、僕にはかおりの返事が聞こえてこない。

タグ:小説
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

233 『 天国からの友だち (a friend from heaven) 』 [小説『a friend from heaven』]

  次の日、ブログにコメントが入っていた。読んでみる。

「山中かおりです。本当に覚えていないの?りょう君」

  かおりだ。あのかおりだ。間違いない。「私がついてるから」。かおりの言葉だ。どういうことなんだろう。僕は頭が混乱したまま。
  冷静に考えてみよう。こんなことはありえないことだ。では、誰かのいたずらなのか。それとも、いわゆるネット荒らしなんだろうか。そうでもないようだ。どう考えても、これはかおりだ。かおりがここに来ているのだろうか。しかし、かおりの存在を感じることはできない。
タグ:小説
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。