So-net無料ブログ作成
検索選択
小説『a friend from heaven』 ブログトップ
前の3件 | -

246 『 天国からの友だち (a friend from heaven) 』 [小説『a friend from heaven』]

「ああ、それから、お母さんが昼食を作ってくれたんだ。かおりの好物だった、オムライスと生クリームのたっぷりのったプリン。おいしかったなー。僕はかおりと三人で食事をしている気分でいたんだけれど、かおりはどうだった?」
「私も側に行きたかったけれど、天国から見ていただけ。すごく楽しそうにしてくれていたから、うれしかったわ。でも、もう一回、生クリーム食べたかったなー。うふふ」
「ちゃんとお供えしてたのに」
「んー、だって、お供えしてもらっても食べれないんだもん。うふ」
「食いしん坊だな、かおりは。ははは」
「魂だけになっても、食いしん坊は治らないの。うふ」
タグ:小説
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

245 『 天国からの友だち (a friend from heaven) 』 [小説『a friend from heaven』]

  僕はあの時、かおりの部屋やアルバムを見せてもらって、かおりは実際に存在していたんだって実感ができたんだ。そして、かおりに対する愛情は本物だって確信したんだ。

「今でも、私のこと、愛してくれているの?」
「もちろんだよ。愛してる」
「うん。ありがとう。私もりょう君のこと、愛してる。でも・・・」

  かおりが言おうとしたことが何かは分かっている。しかし、言ってほしくない。聞きたくない。
  僕は彼女の言葉を遮った。
タグ:小説
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

244 『 天国からの友だち (a friend from heaven) 』 [小説『a friend from heaven』]

「そうだったんだね。海を見たの初めてだったんだね。こうしてかおりと二人で海を見に来ることができるなんて、絶対にありえないことだと思っていたから、今とっても幸せな気分がする」
「ええ、私も」
「そうそう、写真で思い出したんだけど、かおりの生まれた家に行っておかあさんに会ったこと、かおりは知っているんだよね?」
「うん。ちゃんと天国から見えていたわよ。もー、お母さんたら、りょう君に私の部屋を見せたり、アルバムまで見せてしまうから、恥ずかしかったわ」
「でも、ちっちゃい頃のかおり、かわいかったよ。おてんばそうで。ははは」
「もー。まあ、その通りだったんだけれどもね。ふふふ」
タグ:小説
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - 小説『a friend from heaven』 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。